隠れ家~*DQN脱出の1年間*~放射線技師になるんだぉ!!

人生どうなるかワカラン(´・ω・`) 今年1年が本当に勝負なのだと思う☆・゚:*p(。ゝω・。)qシッカリ㌣・゚:*☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精子の味【甘くする方法】と妊娠 R18

精子の味は無味無臭のようです。味や匂いがするのは精液のほう。

精液は前立腺液30%、精嚢分泌液70%の混合液で、他にも精子・カウパー腺液・リトル腺液・副睾丸分泌液・精管分泌液が混じっています。

また、具体的な成分としてはアルギニンなどのたんぱく質、果糖、クエン酸、スペルミン、数種のミネラル(亜鉛、セレンなど)、酵素などが含まれています。

アルギニンは精液の主成分と言われ、苦味のもとになります。
果糖は精嚢分泌液に含まれていて、これはそのまま甘味のもとになります。
クエン酸は前立腺液に含まれていて、これはアルギニンのアルカリ性を中和して精液を弱アルカリ性に保つはたらきがあり、苦味を薄めるもとになります。
塩味がどの成分から来るのか詳細は分かりませんが、カウパー腺液は塩味がしますし、ミネラルやたんぱく質なども影響していると考えられます。

また食材の味を語る上でにおいは欠かせないところですが、精液は時間がたつと栗の花や塩素系漂白剤のようなにおいがします。
これはスペルミンが影響しています。
ただし、射精直後はほとんどにおいません。
よく「イカのような生臭いにおい」などと言われますが、これは単純にペニスの悪臭であって、精液のにおいとは違います(笑)

後はこれらのブレンド具合がどうなっているかで味が変わります。
果糖が多ければ甘いし、前立腺液が多ければ苦いという感じですね。

そして、このブレンド具合は体調や食生活などによっていくらでも変わります。
たくさん溜めていると苦くなることが多いですし、2回目、3回目となると味が薄くなりがちです。

通常、消化された食べ物が精液に反映されるには数日かかる
それと、ある程度の量を続けて取らなければ精液の味に色濃く反映されませんから、一度や二度の食事や飲み物では余り変わらないでしょう。

【妊娠】
受精後平均266日、腹の子(胎児)が約3,000g内外にまで育ったところで出産に至る。

毎期の月経開始とともに、卵巣内では次の排卵に向けた卵胞の発育が始まり、一方の子宮では月経終了後に再び着床のための子宮内膜を用意して排卵を待つ。個人差はあるが、一般に28日前後を1周期として、排卵が起こる。

排卵後に受精しなかった卵子は約24時間で寿命が尽きてやがて消滅し、妊娠準備のために肥大していた子宮内膜は排卵から14日前後に経血として体外へ排出される(⇒「月経」)。

受精のタイミング(妊娠可能時期)
排卵期には、卵子は卵胞を飛び出し(排卵)、卵管に入って子宮へ向かって行き、受精をすれば着床し、さもなくば数時間~24時間以内に退化してしまう。一方で、精子の受精機能の保持期間は数時間から3日、最大で7日とされており、このことから最大の場合を考慮して、精子の受精可能期間である排卵前の7日間と卵子の受精可能期間である排卵後の1日を合わせて、排卵の前後8日間が1回の月経周期での受精が可能な期間ということになる。

排卵は生理の14日前頃に起きるが、排卵期は様々な原因で容易に変動してしまうため、妊娠可能時期を予測することは困難である。

関連記事
スポンサーサイト

| 雑学のお勉強。ほか | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当に書きやがった!!

| はるる | 2011/03/09 22:47 | URL |

時間なくてとりあえずいろいろなところからコピペしたから繰り返しの文章になってるw

時間あるときに編集しておきますv

コメありがとう☆

| ちぇりお | 2011/03/09 22:57 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://cherio1222.blog96.fc2.com/tb.php/25-c84324a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。