隠れ家~*DQN脱出の1年間*~放射線技師になるんだぉ!!

人生どうなるかワカラン(´・ω・`) 今年1年が本当に勝負なのだと思う☆・゚:*p(。ゝω・。)qシッカリ㌣・゚:*☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シーベルトと健康への影響

2011年3/16現在。10km、20km避難されてる方には今のところ健康上影響はないかと思われます。

【法で定める放射線の制限値】
これを線量限度と言います。メディアが言う基準値はこの値を指しています。

*****補足事項****
mSv  ミリシーベルト と読む
μSv  マイクロシーベルト と読む
1mSv=1000μSv
*************

線量限度を簡単に説明すると
『被曝によるリスクを抑えるために設定された、放射線の量の制限値』 です
一般人では年間1mSv、放射線作業従事者では5年間の年平均で20mSv、ただし年50mSv以下と定められています。
線量限度には、自然界からの放射線(平均で年間2.4mSv)と医療目的の被曝は含まれません。

実際に人体に影響が出るとされるのは年間100mSv(=10万μSv)ですので、かなり低めに設定されていることがわかります。
更に言うと、200mSv以下の被曝では急性の臨床的症状(急性放射線症)は認められないとされています。

これを踏まえた上で、モニター値と比較してみます。
計算を楽にするために、2μSv/h(2マイクロシーベルトパーアワー)で行います。
メディアの放送で単に2μSvなどと言いますが、これは2μSv/hを省略して表しています。
これは1時間で2μSvの被曝ということです。

一般人の線量限度が1mSv=1000μSvですので、1000÷2=500時間≒21日

およそ20日間で線量限度に達するわけですが、実際は建物の中にいれば放射線は遮蔽され弱まるため、線量限度に達するまではもっと長くなるかと思います。

その間に事故の処理が完了するのではないでしょうか?

また万が一、完了しなかったとしても実際人体に影響が出るのは年間100mSv程と言われています。しかし、2μSv/hでは100mSvに達するまで2000日程(5年半)かかりますので、身体への影響は極めて少ないと考えて良さそうです。

20μSv/hを遮蔽なしに浴びると208日間です。

2011年3月15日11:00に発表された福島第一原発3号機付近の400mSv/hでは15分で100mSvに達します。
17時間半ここにいると7000mSv被曝したことになり99%の人が死亡します。
そのため福島第一原発の作業員は15分程度で交代する必要がありますが、一人当たりの作業時間を延ばすために、厚労省はやむを得ない場合に限り、年間250mSvまでと線量限度を引き上げました。< 2011年3月16日 18:03 >
時間にすると37分30秒程。22分30秒程限界を引き上げられました。
もちろん身体への影響もでてくるかと思います・・・

ここで避難がどれほど有効かということについての説明ですが、放射線は距離の逆2乗に比例する性質があります。
つまり距離が2倍離れれば4分の1に。100倍離れれば10000分の1になるということです。
遮蔽や被曝時間を少なくすることが困難な場合はとにかく離れることが優先されます。

【Svで見る放射線の影響:単位→青:mSv 赤:μSv】 Wikiより
<0.05><50>
原子力発電所の事業所境界での1年間の線量。
<0.1 - 0.3><100 - 300>
胸部X線撮影。
<1><1000>
一般公衆が1年間にさらされてよい放射線の限度。放射線業務につく人(放射線業務従事者)(妊娠中の女子に限る)が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい放射線の限度。
<2><2000>
放射線業務従事者(妊娠中の女子に限る)が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい腹部表面の放射線の限度。
<2.4><2400>
一年間に自然環境から人が受ける放射線の世界平均。
<4><4000>
胃のX線撮影。
<5><5000>
放射線業務従事者(妊娠可能な女子に限る)が法定の3か月間にさらされてよい放射線の限度。
<7 - 20><7000 - 2万>
X線CTによる撮像。
<50><5万>
放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が1年間にさらされてよい放射線の限度。
<100><10万>
放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が法定の5年間にさらされてよい放射線の限度。
放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が1回の緊急作業でさらされてよい放射線の限度。妊娠可能な女子には緊急作業が認められていない。
<250><25万>
白血球の減少。(一度にまとめて受けた場合、以下同じ)
<500><50万>
リンパ球の減少。
<1,000><100万>
急性放射線障害。悪心(吐き気)、嘔吐など。水晶体混濁。
<2,000><200万>
出血、脱毛など。5%の人が死亡する。
<3,000 - 5,000><300万 - 500万>
50%の人が死亡する。(人体局所の被曝については3,000 : 脱毛、4,000 : 永久不妊、5,000 : 白内障、皮膚の紅斑
<7,000 - 10,000、10,001以上><700万 - 1000万以上>
99%の人が死亡する。

放射線の人体に対する影響は、被曝した体の部分などにより異なります。上記の表ではX線撮影、X線CTおよび注記されているもの以外は全身に対するものです。
X線検査の数値は調査年代(検査装置の性能)や報告(調査対象となった医療機関による使用方法)によってばらつきがあるため、目安です。



最後になりますが、原子力発電所で今も尚、危険と隣り合わせで命を張って対処なさっている作業員の方々、並びに関係者の皆様。
心より尊敬とご心配を申し上げます。
これ以上の被害が出ないこと、一日も早い復興を心よりお祈り致します。


関連記事
スポンサーサイト

| 放射線 | 02:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

拍手増えてきたねぇー

今回のわかりやすかった!
とりあえずマスコミで騒いでる
~sVは
/hが省略されてて
一時間同じ場所にいたときに受ける放射線量ってことなんだよね?

マスコミが
どれほど情報をわかりづらくし
むだに大げさに報道して混乱させているのか…

みんなに正しい情報を知ってもらいたいね!

ただでさえ不安なこの状況…

これ以上不安を煽ってどうするんだ!

マスコミのばかやろー(ノ△T)

| はるる | 2011/03/17 22:13 | URL |

拍手は時事ネタだったから、たまたまだったと思うよ。

そう毎時を省略してマスコミは報道してるの

放射線に関わる人は分かるだろうけど、一般公衆には

わかりにくいかもね(´・ω・`)

| ちぇりお | 2011/03/17 22:25 | URL | ≫ EDIT

隠蔽された組織ぐるみ、後手まくりの対応、報告の結果だろ?
なんでもゴミのせいにしなさんな。
有害な放射能を今も世界中に巻き散らかしてるのは事実で
この認識をすべきでは?


| 名無し | 2011/03/28 04:05 | URL |

現在において隠蔽された組織ぐるみ、後手まくりの対応・報告の結果、不安や混乱を招いているのは事実だと思います。しかし投稿した日付の時にはまだそこまでに到っていなかったと思いますよ。
正直、政府は把握しきれていなかったかと。

10日間で随分状況も変わりましたからね。

| ちぇりお | 2011/03/28 05:31 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://cherio1222.blog96.fc2.com/tb.php/41-06677837

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。