隠れ家~*DQN脱出の1年間*~放射線技師になるんだぉ!!

人生どうなるかワカラン(´・ω・`) 今年1年が本当に勝負なのだと思う☆・゚:*p(。ゝω・。)qシッカリ㌣・゚:*☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

54 トワイライトシンドローム

駅


バーでのバイトが終わり、みんなでお酒を飲んでお疲れ様~と一杯始めた

まだまだ分からないことだらけの僕に、ちょっと出勤回数が多くて僕より仕事のできる同期のY

劣等感を感じるの半分、負けてたまるかよと対抗心がでるのも半分である

あとね、どーもトークが苦手www

忙しければ忙しいほど、お客さんと長く語らないで愛想話で終わる

これならば経験済みだからお得意なんだよな

一番輝けるのさ☆キラリ

まぁ、こんな気持ちを秘めてお酒をちょいちょい飲んでたら酔ってしまったようで

代行も呼ばず歩いて帰ることにした←翌日車を歩いて取りに行かなければいけないことは考えてなかったwww

いつも薄着な僕だからちょっと寒いんだけど、酔ってるとあんまり気にならない(笑

マスターはシラフで歩いて帰るならいいけど、酔っ払って二度と帰らないでくれ(泣 って言ってた

そうそう、そんな帰り道、不思議な体験をしたんだ


*********************************


帰る途中、通りかかる駅があるのだけど、午前3時なのに駅のホームで待ってる人がいたのだ

終電もとっくに終わってるはずで、夜行列車もなかったかと思う

もともと少し霊感があるから、あぁ何だ幽霊かって思った

酔いというのは怖いもんで、幽霊と分かりつつも興味本位で僕はそこのホームに向かっていた。

階段上って渡り廊下を通って、また階段降りてと。夜間になると駅員もいなくてお金はいらん。

カメラはあったみたいだけどwww

で、ホームに着いたのだが誰もいなかった。

「男の子見ませんでしたか?」

後ろから声を掛けられた。

どうやら30代後半くらいの女の人のようで、男の子を探しているようだ。

ちょっと疲れきった顔してた。

『んー、見てないですね』

と、辺りを見回しながら答えた

「そうですか・・・」

そう言うと女の人はすーっと消えてしまった。

男の子かぁ・・・何かあったのかな?

色々妄想しつつ誰もホームにいなくなってしまったことと、これ以上は分かりそうもないので帰ることにした

警察に職質されても面倒だしね(笑

で、階段の方に向かうと、奥に人がいるのが見えた

自動販売機のところで背伸びしてお金を入れようとしてる子供がいたのだ

こんな時間に?

・・・間違いないね。



きっと男の子である彼の方に歩いていくと、男の子はお金を落としてしまった。



そのままお金を追いかけて…



線路に飛び降りた。



と、次の瞬間。



電車が彼を轢いた。



一瞬ものすごく焦ったが、冷静に考えるとこんな時間にこの駅を通るのは貨物列車くらいだし

列車も消えてしまったからすぐに過去の事件だと推測がついた



プルルルルルルルルルル


「間もなく3番線に―――――――」


アナウンスが流れた。向かいのホームに女性がいる。


さっきの女の人だ。そして・・・


女の人は自殺した。


悲惨な事故だ。


こんな事があったのか・・・


酔った勢いと興味本位で来てしまったが、なんだか気分が悪い。早く帰って寝よう。


「兄ちゃん、今日は肌寒いね。」


隣から声を掛けられた。今度はただの酔っ払いのおっさんだった。


「まだだ若いんだから気を付けなよー」


『あぃあぃ』


色々面倒になってきた。さっさと帰るぞ。階段をダッシュで上って、廊下を走って逃げるように階段を降りた。


『おいおい・・・』


自分は駅のホームにいた。


プルルルルルルルルルル


「間もなく―――――――」


電車が来るようだ。さっきのおっさんがいる。


「兄ちゃん、乗るんかい?」


『いえ。』


「それがいい。」


電車が到着して、おっさんはそれに乗った。

プシュー

ドアが閉まると列車はゆっくり発車した。

車両が流れていくのをボーっと見てるとさっきの女性と男の子の親子が乗っていた



これ乗っちまってたら・・・


**************************


気が付くと僕は駅の隅、お墓の前にいた。

駐輪場やら何やらで普段はここにお墓があるとは気づかなかった。

墓石が3つ。お花はちゃんと添えてある。あの3人のものだと思う。

成仏しきれていないのか。あの列車に乗ることで成仏できたのかは分からない。

ただ僕が彼等にできることはなんだろうか考えた。

男の子が飲めなかったジュース、お酒の好きなおっさん。女性は…思いつかないや。

とりあえず、ジュース2本(お母さんの分も)とビールを買ってお供えすることにした。

お母さんは最後に列車で子供と会えたから、成仏できるかな。

おっさんはどうして死んだか分からないけど。。。

まぁこんな事しかできないよ。俺には。

フタを開けてお供えして合掌。


こうして僕は無事に家に帰ることができた。






























という妄想なんだけどね(笑

元ネタはトワイライトシンドロームっていうPSのゲームだよー
関連記事
スポンサーサイト

| 1/365 日記 | 07:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

妄想かぃっ

トワイライトシンドロームはまって全シリーズやったー

| ゆーあ | 2011/04/19 09:40 | URL |

知ってたのか!!

くそっ!!

少しはリアルに書けてた?

| ちぇりお | 2011/04/19 09:42 | URL | ≫ EDIT

リアルっぽいけど、いろいろできすぎてて逆に怪しかったね

トワイライトシンドローム知ってたからタイトルでわかるし(笑)

| ゆーあ | 2011/04/19 12:33 | URL |

最近ブログさぼってない?

| ゆーあ | 2011/04/21 23:46 | URL |

うむ・・・

ちょっと友人が作ったSNSに誘われてな

って昨日のことなんだけどね。ゆーあも誘っていい?

で、こっちのブログはちゃんと続けますよ!!

今日は早番だよね?電話するねー

| ちぇりお | 2011/04/22 11:26 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://cherio1222.blog96.fc2.com/tb.php/88-52714ba8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。